概要

(NPO)日本身体障害者野球連盟は、わが国の障害者野球の普及・振興を図り、もって身体障害者の心身の健全な発達に寄与することを目的に設立された競技団体で、次に紹介する事業を行っています。

  1. 大会の開催・奨励
    全日本身体障害者野球選手権大会や選抜全国大会をはじめとする全国規模の大会主催や、全国各地で開催するブロック大会の後援など、障害者野球大会を開催・奨励しています。
  2. 指導者の養成
    障害者野球の普及・振興を図るために、障害者野球指導者講習会や審判員研修会を実施し、指導者の養成を行っています。
  3. 国内関連団体との連絡調整
    国内の障害者スポーツ団体及び関連団体との連絡・調整を図り、障害者スポーツの普及・振興を推進しています。
  4. スポーツ相談・指導
    障害者野球に関する相談・指導を行っています。
  5. 選手強化
    野球教室や合宿等の実施により、障害者野球選手の競技力向上を図っています。
  6. 調査研究・情報収集
    障害者野球の在り方に関する検討、国内外の障害者野球に関する情報収集、野球用具の改良・研究を行っています。
  7. 広報活動
    インターネットや各種報告書・機関紙発行等を通じて、国内外の障害者野球に関する情報提供を行っています。
  8. その他
    その他本連盟の目的達成に必要な事業を行っています。

沿革

 1993年 1月 日本身体障害者野球連盟設立
 1993年 5月 第1回全国身体障害者野球大会開催(春の選抜) 以後、震災等を除き毎年開催
 1998年 4月 (公財)日本障害者スポーツ協会認定種目団体となる
 1999年11月 第1回全日本身体障害者野球選手権大会開催(秋の選手権) 以後、毎年開催
 2002年 6月 大韓民国チームを招聘、日韓交流野球大会を開催
 2002年 9月 甲子園球場で全国ブロック対抗野球大会開催
 2002年10月 第1回ジャパンカップ大会開催 以後、毎年開催
 2004年 1月 プロ野球21年会によるチャリティーゴルフ開催
 2005年10月 阪神タイガースOB野球教室を開催
 2006年11月 第1回世界身体障害者野球大会開催(実行委員長 長嶋茂雄氏)
 2006年12月 全日本選手権大会に立浪選手来訪
 2007年 2月 台湾代表者来日懇談
 2010年11月 第2回世界身体障害者野球大会(大会名誉顧問 長嶋茂雄氏)
 2011年12月 厚生労働大臣表彰(社会参加促進功労賞) 天皇皇后両陛下拝謁
 2012年 1月 東北地区被災チームへ義援金送付
 2013年10月 韓国代表がジャパンカップ大会に参加
 2014年11月 第3回世界身体障害者野球大会開催(大会名誉顧問 長嶋茂雄氏) 
 2016年 3月 特定非営利活動法人に移行
 2016年 3月 第88回選抜高校野球大会の始球式の栄誉に選ばれる
 2018年 9月 第4回世界身体障害者野球大会開催(大会名誉顧問 長嶋茂雄氏)
 2018年10月 日米野球でMLBよりチャリテイー協賛金贈呈受ける(マツダスタジアム)