スパイクから足裏に伝わる、この芝生の優しい感触、ライトポールの真下からホームプレートまで、まっすぐに引かれた白いファールライン。その両側の狩り揃えたような芝、フェンス際の土、この白と緑と茶の佇まいが、すべて美しい。
真っ白なファールラインは二つの不思議の国を往還する国境だ、このラインを境に、ある人にとっての幸運は、ある人にとっては不幸となり、もう一つの国で生じた不運は幸運になる。その国境の終点であるポールの真下に僕は立っている。

(ジムサリバン)

出場チーム(前年秋の地区予選会成績を基に選抜する)

北海道
東北
関東
甲信越
中部
東海
東近畿西近畿中国
四国
九州普及枠合計
14チーム2チーム16チーム

過去成績

回数年度優勝チーム準優勝チーム
第1回1993年神戸コスモス神戸大阪ジャガーズ大阪
第2回1994年神戸コスモス神戸大阪ジャガーズ大阪
第3回1995年阪神淡路大震災により中止
第4回1996年神戸コスモス神戸山口ベースボールクラブ山口
第5回1997年神戸コスモス神戸名古屋ビクトリー名古屋
第6回1998年2日目雨天中止
第7回1999年神戸コスモス神戸福島アクロス福島
第8回2000年神戸コスモス神戸名古屋ビクトリー名古屋
第9回2001年神戸コスモス神戸名古屋ビクトリー名古屋
第10回2002年神戸コスモス神戸名古屋ビクトリー名古屋
第11回2003年神戸コスモス神戸群馬アトム群馬
第12回2004年2日目雨天中止
第13回2005年1日目雨天中止
第14回2006年神戸コスモス神戸北九州フューチャーズ北九州
第15回2007年神戸コスモス神戸名古屋ビクトリー名古屋
第16回2008年神戸コスモス神戸福島アクロス福島
第17回2009年神戸コスモス神戸北九州フューチャーズ北九州
第18回2010年神戸コスモス神戸群馬アトム群馬
第19回2011年北九州フューチャーズ北九州神戸コスモス神戸
第20回2012年北九州フューチャーズ北九州神戸コスモス神戸
第21回2013年神戸コスモス神戸東京ブルーサンダース東京
第22回2014年北九州フューチャーズ北九州神戸コスモス神戸
第23回2015年北九州フューチャーズ北九州神戸コスモス神戸
第24回2016年神戸コスモス神戸北九州フューチャーズ北九州
第25回2017年神戸コスモス神戸群馬アトム群馬
第26回2018年2日目雨天中止
第27回2019年神戸コスモス神戸岡山桃太郎岡山
第28回2020年新型コロナの影響で中止

頑張る人はどこにでもいる、しかし頑張りつづける人は少ない。体の機能の一部が変化したからセオリーや概念を変化させただけだ。
創意工夫をすることで向上し留まることなど我らにはない。ハードルは越えるために高いのだ。今年もほっともっとフィールド神戸の空の下で神の子たちがあらん限りの力を振り絞って闘うのだ。
真剣味こそが持ち味で二度とないこの打席、二度とないこの一球に賭けて自分が誰よりも一生懸命になる。



第29回選抜全国身体障害者野球大会は2021年5月 兵庫県神戸市ほっともっとフィールド神戸にて開催予定です。


ほっともっとフィールド神戸 アクセス
新幹線:新神戸駅下車、神戸市市営地下鉄で総合運動公園駅下車
JR :三宮駅から神戸市営地下鉄に乗換、総合運動公園駅下車
駅から徒歩1分